アサカラ
前に【昔の林業動画】水車製材を書いたんですけどね・・・
A氏
その時もそのパターンでしたよ。
アサカラ
2019年度の林業遺産の一つがそもそも水車製材施設でしたね・・・
A氏
今更話題にするのアンタぐらいですよ

ま、ともかく!

日本森林学会が選定するところの「林業遺産」、マイナーだ何の言われ続けて早何年(※2013年度からです)、2019年度は6つが選ばれました

で、その内の一つが大型木製水車駆動帯鋸製材装置一式

岡山県美作市の大型木製水車(日本森林学会2019年度林業遺産サイトより)
A氏
盛り上がるポイントがさっぱり分かりませんが、木製で水車で帯鋸で製材するのは分かりました。
アサカラ
現役の施設として現存していること、メンテナンス技術が継承されているところが評価されたそうです。
A氏
で、その水車については紹介しないんですか?
アサカラ
いえ、紹介ページもありますし、他に紹介している人もいますんで・・・
A氏
そうすると、僕らの仕事が何も無いんじゃ・・・
アサカラ
ですので、ここでは林業遺産の関係者の方に紹介して貰った、その他の日本の水車についての資料を紹介しようかと
A氏
いや、その需要は無い!
アサカラ
(無視)じゃぁいってみましょう!
まずは水車聞書帖1「水車屋の女たち」!
A氏
何ですその、忍法帖をこじらせたような・・・
じゃなくて、どマイナーそうな資料は!
アサカラ
次は水車聞書帖2「幻のほっこ抜き水車」!
A氏
また変なもの拾ってきた・・・
アサカラ
更に水車聞書帖3「足利の撚糸水車」!
A氏
もう、何が何やら
アサカラ
更に更に水車聞書帖4「杉線香と水車」!
A氏
「失われた何か」っぽい雰囲気があるのは認めますよ・・・
アサカラ
最後に水車聞書帖5「山村の燈・自家発電水車」!
A氏
何かもー、このブログが森林・林業関連だったことも忘れそうですよ・・・
アサカラ
本当は5で終わりではないのですが、未確認です。
A氏
いや、誰も気にしていませんので大丈夫です!

こんな本(資料)が存在する!こんな水車が日本に存在していた!

という勢いだけで書きました。

ご紹介下さったS先生、ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

ランダムに次の記事へ