昭和12年に帝室林野局が編集した「木曽御料林」というサイレント映画があります。現在全編が林野庁によってmaffchannnel(農林水産省)にアップロードされています。今回はそのうち、森林鉄道関連を中心にお送りします。

Youtubeより森林鉄道(maffchannel/林野庁)
A氏
「木曽御料林」ですから、木曽の森林鉄道ですね!貴重な映像ですねぇ・・・
アサカラ
今の林野庁広報の担当の方は森林鉄道がお好きらしいので、もう少し情報を追加しても良いと思うのですけどね。

林野庁情報誌「林野-RINYA-」令和元年9月号より

A氏
良くまとまってますね~。お役所の広報にこういうマニアック(失礼)な話が特集で載っているのもすごいですね
アサカラ
話を昭和12年に戻しますと、こちらのお役所、宮内省帝室林野局の映画もなかなかマニアックな(笑)内容なんですが。当時としては現在進行形の産業の根幹の話なのでマニア呼ばわりは失礼かもしれませんね。
宮内省互助会「互助」より
A氏
戦前の昭和アニメが素敵です
宮内省互助会「互助」より
A氏
起重機が動いている映像もありますねぇ
アサカラ
昭和初期頃に鉄道省が中央線上松駅に試験的に導入した、貨車へ木材を積み込むための起重機とのこと。自重42トン、動力ディーゼル50馬力。巻揚げ荷重は旋回半径6mの時は3~5トン、12mの時は1.5~2トン、と記録されています。
A氏
まだ人力の積み込みが主力だった時代ですね
アサカラ
そうそう、同じ映画の中ですが、作業軌道についてのパートもありますよ
Youtubeより木馬、機関車(maffchannel/林野庁)
A氏
動いている資料は貴重ですねぇ・・・現代ではどっちも「森林鉄道」と呼んでますけど、「森林鉄道」と「作業軌道」は別なんですね
アサカラ
規格がより簡易だったのが「作業軌道」ですね。森林鉄道1級と2級の違いとか、そういう詳しいことは別の方にお任せするとしまして。

Twitterでフォローしよう

ランダムに次の記事へ