長野県阿智村・昭和26年
アサカラ
野郎ども!今日も薪拾いだ!
A氏
小さい子供たち相手に何を言ってるんですか
アサカラ
学校行事、ということなのでしょう。自分達の使うストーブの薪を集めたのでしょうか
長野県松本市・昭和23年
アサカラ
こちらは戦後のNHKラジオドラマ「鐘の鳴る丘」のモデルになったそうですが、正直、世代が違うので分かりません
A氏
実はその1に登場した建物です
長野県栄村・昭和42年
アサカラ
もちろん子供ばかりが働いていたという訳ではありません
長野県飯田市・昭和29年
A氏
炭&柴。
アサカラ
左の男性は荷棒(ニボウ)でひと休みというところでしょうか
長野県・昭和28年
A氏
そうだ!ケーブルで降ろせばいいじゃない!
アサカラ
もちろん、そういう仕組みを作ったところもありました
長野県豊丘村・昭和初期
アサカラ
製糸工場に運んでいる場面のようです
長野県阿智村・昭和30年
A氏
これは寒そう、冷たそう
長野県小谷村・大正末期
アサカラ
やはり山村にとって重要な現金収入の途である炭焼きです
A氏
むぅ、カンカン帽がわずかに大正要素
長野県茅野町
アサカラ
さて、くたびれましたので、風呂でも焚きましょうかね
A氏
あー、そこも労働ですよね
長野県山ノ内町・昭和30年頃
アサカラ
煙突が付いていますので、当時としてはハイテクです!
長野県・昭和28年
アサカラ
そんなところで、「薪のある風景」長野編3も一区切り
A氏
数をこなすと、何だか、薪を拾って使う生活が普通のような・・・気がしないでもないでもない、くらいの気分になってきました!

【昔の林業写真】薪のある風景―長野編1

【昔の林業写真】薪のある風景―長野編2

コメントを残す

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

ランダムに次の記事へ