長野県栄村・昭和30年代
アサカラ
では、本ブログの人気コーナー「薪のある風景」から長野編1です
A氏
初めて聞きましたが、そのコーナー
アサカラ
いやー、集めるの好きなんですよ、昔の薪の写真。
A氏
何の意味があるのかとか、聞かないほうがいいのですかね・・・
長野県上田・昭和24年
アサカラ
子供のお手伝いと言えば薪拾い、の時代ですねー
A氏
生まれてない設定のくせに、見てきたように・・・
アサカラ
山が好きだとか嫌いだとか、大きいとか小さいとか関係なく、とにかくみんなやるものだと、そういう感じです。
長野県阿智村・昭和26年
アサカラ
今の時代ですと、安全だとか何だとか、色々言われるのでしょうが
A氏
ヘルメット?そんなものはない。
長野県松本市・昭和23年
アサカラ
ハイカラな建物ですが、とにかく薪です。薪が無いと煮炊きも出来ないし、暖もとれないのです。
長野県阿智村・昭和25年
A氏
お風呂も焚かないと入れませんからね。薪とは別に、水を汲むのも大変だ・・・
長野県長野市・昭和24年
アサカラ
ストーブ用の薪です。当然これを作った人、運んだ人がいる訳ですが。
長野県東部町・年代不詳
A氏
これは炭ですが、牛と・・・子供でしょうか
長野県山ノ内町・昭和10年代
アサカラ
炭を運ぶ人と馬。
A氏
炭は炭で重いのですよ
長野県栄村・昭和31年
A氏
あのー、このシリーズ続くんですか
アサカラ
多分。
コメントを残す

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

ランダムに次の記事へ