アサカラ
1930年(昭和5年)の記事で、アメリカの森林官の変遷についての漫画です。
「山林」(大日本山林会)第575号(1930年10月)より
A氏
1910年はまだカウボーイなんですね!
アサカラ
1930年の人からすれば20年前は”原始的”という評が、時代の流れを感じさせます。
A氏
1920年の服装は昔のアメリカの写真で見たことがある気がします。
アサカラ
この時代のアメリカはやはり、馬に乗れてこそ一人前!という感じなんでしょうか。
A氏
1930年の服装は”モダンボーイ”とは言うものの、何だか今で言うニッカボッカという感じ。
ちょっと昔の日本の登山客みたいに見えます。
アサカラ
1940年のは、1930年当時としての未来予想図。女性の進出が予想されていたことが分かりますね。ちょっと冗談のつもりなのかも。
A氏
フラッパーとかモガとか・・・
アサカラ
それでもまだ”馬”が前提の予想図です。森林官が自動車でオフロードを走ることはまだ想像出来なかったのかもしれません。
コメントを残す

Twitterでフォローしよう

ランダムに次の記事へ